音楽史と社会史と作曲技法


春のセミナー


無秩序な世界(ノイズ)から秩序ある音の塊(時代の音楽)を聴き分け、再構築することが西洋音楽が始まって以来、作曲家に与えられた役割でした。ベートーヴェンの自筆譜から彼の作曲への苦悩を観察し、追体験し、なぜその音でなければならなかったのかを考えます。